リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  低炭水化物食で2型糖尿病患者の血糖調節力が向上
2019.9.5 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

2型糖尿病患者は、炭水化物含量を減らしてたんぱく質と脂質を増やした食事をすることで、血糖値を調節する能力が改善されるようだ、というデンマーク・コペンハーゲン大学からの研究報告。

研究チームは、2型糖尿病患者28名を対象に、12週間にわたる臨床試験を実施した。6週間は、高炭水化物の通常の糖尿病食を、別の6週間は、低炭水化物、高たんぱく質、中程度脂質の食事をしてもらった。実施の順番はランダムに決定した。

試験の結果、低炭水化物、高たんぱく質、中程度脂質食は、食後血糖値と長期血糖値(HbA1c)の低下により、血糖値制御を改善した。

低炭水化物、高たんぱく質、中程度脂質食は肝臓脂肪量を低下させた。

低炭水化物食は、2型糖尿病患者に、体重減少がみられなくても、有益であろうと思われる、と研究チームは結論付けている。

出典は『糖尿病学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  加糖飲料は砂糖の量で課税するほうが効果的?  
  過剰な体脂肪はうつ病のリスクを高める?  
  科学者は褐色脂肪が人々の健康に良い理由を発見します  
  オメガ-3脂肪酸の処方薬は、高トリグリセリドを効果的に低下させます  
  ビタミンAは皮膚がんリスクの低下と関連!?  
  肥満の人は食べ物からより多くの満足を得る  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報