リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  身体活動量が増えると早期死亡リスクが低下する?!
2019.9.4 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

身体活動量が増えると、早期死亡リスク低下と関連するようだ、というノルウェースポーツ科学学校等からの報告。一方で、座位時間が増えると、早期死亡リスク増加と関連するという。

研究では、身体活動は加速度計を使用し評価した。強度は、軽度、中程度、高度に分けられ、それぞれの強度において時間を算出した。3段階の強度別に、それぞれ活動量で4分位に分けて検討した。フォローアップ中に、2149人の参加者が死亡した。

結果は、3段階の活動強度において、それぞれ身体活動量で4分位に分けて検討したところ、最も活動量が少ない群と比し、他のすべての群において、早期死亡リスクの低下と関連したという。これは、どの活動強度でも同様の傾向だった。一方で、座位時間が1日9.5時間以上(睡眠時間を除く)であると、死亡リスクが増加した。

「座位時間を制限し、身体活動レベルが低、中、強度、それぞれの活動量を増やす方法を開発することで、健康を改善し、死亡率を減らすことが可能である」と著者らは結論付けている。

出典は『英国医学雑誌(BMJ)』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  プロテインシェイクは運動後の筋肉痛を癒さない!?  
  1回の運動でも高齢者の脳に良い!?  
  歩くのが遅い人は運動障害を起こしやすい!?  
  歩行・走行時の代謝率を下げる外骨格スーツ  
  筋肉量・パフォーマンスは「意識の方向」が左右する  
  筋トレが筋持久力を低下させるのはなぜか  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報