リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  小児のグルテン摂取はセリアック病リスクを高める!?
2019.9.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

遺伝的素因のある子供たちの間で、5歳までのグルテン摂取量とセリアック病の発症およびセリアック病自己抗体の発現には関連がみられるようだ、というスウェーデン・ルンド大学からの研究報告。

どれくらいのグルテン摂取がセリアック病の引き金になるかは、依然として明確ではない。本観察研究は、2004年から2010年にかけてフィンランド、ドイツ、スウェーデン、米国のセリアック病の遺伝的素因を持つ6,605名の小児を対象に実施された。食事記録から、生後6か月、9カ月、12カ月、その後5歳まで2年おきのグルテン摂取量が推定された。

対象者の18%がセリアック病自己抗体を発現し、7%がセリアック病を発症した。どちらも罹患のピークは2-3歳だった。

研究チームは、2歳まで毎日1gのグルテン(ハーフスライスの白パン1枚)摂取を続けると、3歳時点でのセリアック病自己抗体およびセリアック病の絶対リスクがそれぞれ6%と7%高まることを発見した。

本研究の限界として、グルテン摂取量の正確さが不確かであることが挙げられる。

研究チームは、遺伝的リスクのある小児を対象として異なる量のグルテンを摂取させるランダム化臨床試験の実施を示唆している。

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンD不足の小学生、思春期の問題行動リスク2倍に?  
  妊婦のフッ化物への曝露が子供のIQを下げる可能性  
  青少年エンパワメントプログラムが肥満を予防する  
  地中海式ダイエットは妊婦の健康度を高める!?  
  新生児の腸内細菌の代謝物が、アレルギー・喘息の原因に!?  
  乳幼児のリン酸塩摂取は許容量を超える可能性がある  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報