リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  青少年エンパワメントプログラムが肥満を予防する
2019.9.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ウスターの青少年が彼らの加糖飲料消費を減らすためのナラティブ(語り)を作り出すことで、行動変容を導き余分な体重の増加を予防することに成功した、という今までなかった種類の研究の報告。米国ボストン大学の研究。

H2GO!介入は、マサチューセッツ州における放課後活動(少年少女クラブ、BGC)を利用したパイロット研究である。ランダム化によってひとつの地域では介入を行い、もう一つの地域では標準プログラムを行った。9-12歳の男女とその保護者110組(55組/地域)が参加した。6週間の介入を実施し、アウトカムには、子供の自己申告の加糖飲料、水摂取量、BMI z-スコアと保護者の自己申告の加糖飲料、水摂取量、加糖飲料購入量、家庭での加糖飲料利用可能性。測定は、開始時、2ヶ月目、6か月目に行われた。

参加者は、なぜ飲物を変更することが重要であるのかを、両親、教師、研究者によってではなく、彼ら自身の言葉で語った。この種類のエンパワメント戦略は小児に彼ら自身の生を認識するきっかけを与えるという。介入では、水を飲む方法や甘味飲料に誘惑されたときの対処法などをロールプレイしたりした。

分析には100人の小児(黒人38%、ヒスパニック20%、白人13%、多民族12%、アジア人11%)と87人の保護者(78.2%が女性)のデータが用いられた。6か月の介入の保持率は82%以上だった。介入地域の参加率は78.1%。参加小児の56%が開始時に過体重か肥満だった。

介入の結果、対照地域に比べて、介入地域では、小児の加糖飲料の摂取が低下し、水の摂取量が増加し、zBMIが低下した。保護者の加糖飲料も減少した。

「たいていの肥満予防プログラムが複数の行動を対照としているが、1つの食事行動を対象としても肥満リスクを防げることがわかった」と研究者はコメントしている。

出典は『国際行動栄養学と身体活動雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  先史時代の哺乳瓶が見つかった!  
  低FODMAPダイエットは小児の治療にも有用?  
  業界は、不健康な子供の食べ物を制限するテレビ広告規制に不当に影響を与えた?  
  複数の野菜を繰り返し提供すると、幼児の野菜摂取が増加?!  
  栄養プログラムだけでは、健康な脳の発達には不十分  
  ビタミンD不足の小学生、思春期の不安・抑うつ症状リスクに?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報