リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  普通体重で腹部肥満の閉経後女性は死亡リスクが高い
2019.8.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

普通体重(BMI18.5-24.9)で体幹部肥満(腹囲88cm以上)の閉経後女性は、普通体重で体幹部肥満のない女性に比べて死亡リスクが高いようだ、という米国アイオワ大学などからの研究報告。

肥満予防は、通常BMIに焦点が当てられているが、それでは体脂肪の体内分布による違いを区別することができない。だが、内臓に脂肪が多い体幹部肥満は一般集団に一般的である。

本観察研究は、女性健康イニシアチブに1993年から1998年に参加した157,000人近い閉経後女性のデータを解析して、普通体重で体幹部肥満の女性の死亡リスクを検証したものである。

普通体重体幹部肥満の女性は、肥満女性(BMI30以上)で体幹部肥満の女性に匹敵する死亡リスクがあったという。

本研究の限界として、それが閉経後女性に焦点を当てているため、より若い女性や男性には一般化できない点が挙げられる。

本研究の著者らは、女性の普通体重体幹部肥満が、認識不足の高リスク集団であり、公衆衛生ガイドラインには体幹部肥満の予防と制御を含めるべきである、と示唆している。

出典は『JAMAネットワークオープン』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  糖尿病の家族歴を有する者は、骨密度が増加?!  
  高齢女性の社会的関係の悪さは、骨量減少に関連する?!  
  仕事を先延ばしにする女性はドパミンが多い!?  
  健康な高食物繊維食で子癇前症のリスクを低減  
  「朝型生活」の人、乳がんリスク低め  
  フーディコール(飯呼び出し):米国では食事をするだけのデートが急増中!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報