リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  歩くのが遅い人は運動障害を起こしやすい!?
2019.8.27 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

歩行速度が遅いことは、将来の運動障害の予兆である可能性がある、という米国ピッツバーグ大学からの研究報告。

屋外で数ブロックをゆったりと歩くことは、活気ある健康的な生活に重要な役割を持っている。身体活動の一環として、あるいは独立した生活を営む上で、買い物、医者に行く、社交生活に参加するために必要なことである。

だが、歩く速度があまりにも遅くなった場合には、それは将来の可動性の問題を予兆させるものとなる。

研究チームは、健康的な加齢と身体組成(Health ABC)研究の参加者で1997年から1998年に参加したピッツバーグとメンフィス在住の黒人と白人337名(参加時70-79歳)のデータを解析した。参加者は開始時に種々の条件下で歩行速度を測定されていた。

平均8年間の追跡期間中に204名(60.5%)の参加者に運動障害が起こり4分の1マイルを歩くことができなくなっていたという。歩行速度が全ての条件でより速かった者は、運動障害の起こるリスクが低かった。

研究チームは、通常の歩行速度と種々の条件下での歩行速度が遅いことは、その後8年間で運動障害を起こすリスクが高いことに関連する、と結論付けた。

出典は『米国老人医学会雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  プロテインシェイクは運動後の筋肉痛を癒さない!?  
  1回の運動でも高齢者の脳に良い!?  
  身体活動量が増えると早期死亡リスクが低下する?!  
  歩行・走行時の代謝率を下げる外骨格スーツ  
  筋肉量・パフォーマンスは「意識の方向」が左右する  
  筋トレが筋持久力を低下させるのはなぜか  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報