リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  新生児の腸内細菌の代謝物が、アレルギー・喘息の原因に!?
2019.8.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

新生児の体内で腸内細菌が作り出すある種の化合物が、後年のアレルギーや喘息リスクの高さと関連するかもしれない、という米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校からの研究報告。

研究チームは、以前の研究において、不健康な腸内細菌エコシステム(悪玉の細菌が多い)をもつ生後1か月の乳児が、後年の喘息リスクの上昇と関連することを報告していた。また、これらの乳児の糞便中に豊富に含まれる特異的な脂肪分子12,13-diHOMEが、アレルギー性炎症を抑える制御性T細胞(Tregs)の発現を低下させることを示した。

今回研究チームは、この細菌由来の分子が直接小児の喘息とアレルギーリスクに関わっているかどうかを検証した。

まず、マウスの腸に12,13-diHOMEを注入すると、肺のTreg細胞数が減少すること、そしてこの分子がTregsと他の免疫細胞機能を分子レベルで変化させることを示した。

この炎症促進性脂質がどこに由来するのかを理解するために、研究チームは41名の1か月齢児の糞便検体から微生物の遺伝子を解析し、12,13-diHOMEの3つの異なる細菌性遺伝子のコピー数、あるいは糞便中のこの脂肪自体の濃度が、2歳時におけるアレルギーと4歳時における喘息の発症を予測することを発見した。

研究チームは、別の独立したコホートの50名の1か月齢児の糞便検体で、結果の再現性を確認した。

「これは複雑な微生物・免疫相互作用のたったひとつの構成要素に過ぎないだろう」と主任研究者のスーザン・リンチ教授は述べている。「だが、これは、微生物代謝物がアレルギーや喘息リスクを高めるメカニズムを解明する第一歩であるのだ。」

出典は『ネイチャー微生物学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンD不足の小学生、思春期の問題行動リスク2倍に?  
  妊婦のフッ化物への曝露が子供のIQを下げる可能性  
  小児のグルテン摂取はセリアック病リスクを高める!?  
  青少年エンパワメントプログラムが肥満を予防する  
  地中海式ダイエットは妊婦の健康度を高める!?  
  乳幼児のリン酸塩摂取は許容量を超える可能性がある  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報