リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  過去40年間、中国の塩分摂取量は世界一高い
2019.8.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

過去40年にわたり中国の塩分摂取量は世界最高レベルであり、成人は1日に平均11.2gを摂取している、というロンドン大学クイーンメアリーからの研究報告。

研究チームは、小児900名、成人26,000名を含む中国全土の塩分摂取量データを解析した。

中国北部は現在でも最も高い水準の塩分摂取量(平均11.2g)であり、1980年代の12.8gからは低下している。特に2000年代に入ってからの低下が著しいという。これは、行政の努力、教育の成果、そして新鮮な野菜が一年中入手可能になって漬物の利用が低下したことなどが原因と考えられるという。

けれども、中国南部では、1980年代の8.8gから逆に2010年代の10.2gへと上昇している。これは加工食品の増加や外食・中食の増加が原因ではないかという。

出典は『米国心臓学会雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  間欠断食、地中海型、パレオによる減量と健康改善  
  砂糖は脳の化学を変える  
  世界中の食生活が複雑に変化している  
  低・中所得国の極端な栄養状態:肥満と低栄養  
  間欠断食:絶食で長生き!?  
  クリスマスシーズンにたんぱく質をどうするか?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報