リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  肥満は病気として認識されるべきですか?
2019.8.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

英国では、肥満者(BMI>30)の割合は29%に達し、2030年には35%まで上昇することが予測されているが、それは疾病と認識すべきなのだろうか。専門家の見解は?

肥満が、過剰な体脂肪が蓄積し、健康に悪影響を及ぼす状態であるとすれば、それは疾病の定義を満たすものだ、と英国リバプール大学のジョン・ワイルディング教授らは語る。

体重に影響する遺伝子は200以上わかっており、その多くが脳と脂肪組織で発現する。「かように、体重、脂肪分布、合併症のリスクは生物学的な影響が強く、もし肥満になったとしても、それは個人的な過ちとはいえない。」

教授らは、近年の肥満の増加は、遺伝的なものではなく、環境の変化(食糧可用性、価格、物理的環境、社会的因子)によるものではないか、としている。

「広くいきわたった見解によれば肥満は自己責任であるが、肥満が重度の合併症を伴う慢性疾患だと認識すれば、肥満者が経験する汚名と差別を減らすのに役立つだろう。」

肥満が疾病であると認めない限り、肥満の流行を抑えることはできないだろう、と教授らは結論付けている。

けれども、医師でNHSハーツバレー臨床コミッショングループのリチャード・パイル博士は、そのようなアプローチは、実際には個人と社会に悪い結果をもたらす、と主張する。

「辞書の疾病の定義は、漠然としているほとんどすべてのものを疾病にできてしまう。」

博士によれば、肥満を疾病として分類することは、患者の自立性を低下させ、自ら治そうとする動機づけを弱めてしまう危険性がある。

「患者が責任を負うべき要因を認め、それを制御することと、他の誰かが治療するべき疾病との間には心理的に重要な違いがある。」

「変化を可能にするためには自己決定が重要であり、殆どの人にとって肥満は社会的なものであって、解決策もまたそこにあることを認識すべきであろう」と博士は結論している。

出典は『英国医学雑誌(BMJ)』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  地中海型食生活は腎臓移植患者の健康維持に役立つ?  
  ドパミンが体内時計を壊して過食をもたらす!?  
  不妊治療の男性に葉酸、亜鉛サプリは効果なし  
  過剰な脂肪が膵臓に溢れて2型糖尿病を起こす!?  
  カフェインは脂肪、糖類摂取の悪影響を緩和する?  
  超加工食品の摂取量が多いと2型糖尿病が増加するかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報