リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  遺伝性の認知症、健康的な生活でカバー可能か
2019.8.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

健康的なライフスタイルは、認知症の遺伝的リスクを補填できる可能性が、英国エクセター大学等の研究により初めて示された。

研究では、英国バイオバンクの60歳以上のヨーロッパ系の成人196,383人(60歳以上)のデータを分析した。対象者を、認知症の遺伝的リスクが高い、中程度、低い3つにグループ化した。遺伝的リスクの評価には、これまでに公表されたデータを調査し、アルツハイマー病の既知の遺伝的リスク因子を特定した。各遺伝的リスク因子は、アルツハイマー病に関連する強さにより加重した。また、ライフスタイルの評価については、自己申告により食物摂取、身体活動、喫煙、アルコール摂取状況を把握し、ライススタイルが好ましい、中間的、好ましくない、の3つのカテゴリーにグループ化した。

8年間の追跡調査期間中、1,769例の認知症を同定した。

結果、認知症の遺伝的リスクの高い人は、低い人に比べて認知症発症率が約2倍となった。そして、遺伝的リスクが高い者のうち、ライフスタイルが「好ましい」者は「好ましくない」者と比し、認知症の発症率が32%少なかったという。遺伝的リスクが高く・ライフスタイルが「好ましくない」者は、遺伝的リスクが低く・ライフスタイルが「好ましい」者と比し、認知症を発症するリスクが約3倍高かった。なお、認知症の遺伝的リスクの高さとライフスタイルの好ましさの度合いには相関性はみられなかった。

「遺伝のために、認知症の発症を避けられないと考える人もいる。しかしながら、健康的な生活を送ることで、認知症のリスクを大幅に減らせる可能性がある」と、デイビット・ルウェリン博士は述べている。

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  60代の余分な体重は数年後の脳容積の低下に関連するかも  
  手足の筋肉が少ない高齢者は死亡リスクが高い!?  
  卵の適度な摂取で認知症リスク低下か  
  フレイルの世界的発症率、初の研究  
  深層加齢時計:AIベースの加齢長寿マーカーの登場  
  SNSはおとなのうつ病、不安症を予防する!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報