リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  手足の筋肉が少ない高齢者は死亡リスクが高い!?
2019.8.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

手足の筋肉量が少ない高齢者は、そうでない高齢者に比べて、死亡リスクが大きく高まるようだ、というブラジル・サンパウロ大学からの報告。

研究チームは、65歳以上の男性323名、女性516名を約4年にわたって追跡調査した。筋肉量は、DXAを用いて測定された。対象者の約20%が低筋肉量であった。

追跡調査期間中に132名が死亡した。そのうち43.2%は心血管系疾患によるものだった。

解析の結果、手足の筋肉量が低い女性は、全死因による死亡リスクが63倍近く高く、男性でも11.4倍高いことがわかったという。

出典は『骨及びミネラル研究雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  死亡リスクの増加につながる断片化された身体活動  
  年をとるにつれて体重が増える理由とは?  
  ビタミンD:多すぎてもよくない!?  
  60代の余分な体重は数年後の脳容積の低下に関連するかも  
  遺伝性の認知症、健康的な生活でカバー可能か  
  卵の適度な摂取で認知症リスク低下か  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報