リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  スラリとした大人でも300kcalカットで心臓をさらに保護します
2019.8.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

2年におよぶ臨床試験の結果、1日300kcal摂取を減らすことで糖尿病や心疾患のリスクを有意に低下できることがわかった、という米国デューク大学医療センターからの報告。既に健康的な体重かわずかに太り気味な者でもコレステロールレベル、血圧、血糖値などの指標がさらに改善された。

研究チームは、CALERIE(カロりー摂取量低減による長期的効果の包括的評価)プロジェクトの参加者で21-50歳の218名(BMIは22.0-27.9 kg/m2)を対象にランダム化対照試験を実施した。

「カロリー制限については何かがある、我々がまだ知らないなんらかのメカニズムがこれらの改善をもたらすのだろう」と筆頭研究者のウィリアム・クラウス教授は語っている。「我々は血液、筋肉その他の検体を集め、この代謝信号や魔法の分子がなにをしているか探求を続けるだろう。」

臨床試験の最初の月に、介入群143名は新しい食事の慣れる助けにと、1日の摂取カロリーを4分の1カットした食事を3食摂取した。6種類の食事プランが文化的その他の理由にあわせて選択できるようになっていた。介入群はまたグループまたは個人のカウンセリングを最初の6か月間受けた。対照群75名はそれまでどおりの食事を続けてもらい、6か月間月1回研究者と面会した。

介入群は、2年間にわたって25%のカロリー制限を維持するようにいわれた。実際の制限について評価したところ、全員の平均カロリー制限量は11.9%だった(対照群は0.8%)。介入群は平均7.5kg減量した(対照群は0.1kg増加)。71%が脂肪だった。

さらに、代謝疾患のリスク指標である生体指標の多く(LDL-コレステロール、総/HDL-コレステロール比、収縮期血圧、拡張期血圧)が有意に改善されたという。またC反応性たんぱく質、インスリン感受性インデックス、メタボリックシンドロームスコアも対照群と比べて有意に改善した。

「本研究が示しているのは、それほど大きなカロリー制限でなくても、糖尿病や心血管疾患の桎梏を低下させることができるということだ」とクラウス教授は語っている。

出典は『ランセット糖尿病&内分泌学』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  栄養の前に風味を強調すると、健康的な食事が促進されます  
  食べ物のカロリーがよくわからない人が多いようだ  
  赤身肉と加工肉摂取は減らさなくても良いかも?!  
  オメガ3系魚油サプリメントで心血管疾患が低減?!  
  健康的な食事が腎臓病の予防に役立つ可能性  
  追加の菜食オプションで肉の摂取を減らす  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報