リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  仕事を先延ばしにする女性はドパミンが多い!?
2019.8.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

行動を延期する傾向のある人々がいるが、女性の場合、この形質は、脳のドパミンレベルを高める遺伝的素因に関連しているようだ、という独ルール大学ボーフムとドレスデン工科大学からの研究報告。

「神経伝達物質のドパミンは過去にも繰り返し認知的柔軟性の増加との関連が指摘されてきた」と主任研究者のエラン・ゲンス博士は語っている。「これは基本的には悪いことではないが、しばしば注意力の散漫さの増加が伴っているのだ。」

研究チームは、278名の男女の遺伝子型を検討した。特に、チロシン脱水素酵素遺伝子として知られているものに興味をもっていたという。この遺伝子の発現に依存して、人々の脳は異なる量のカテコールアミンファミリーの神経伝達物質を持つことになるからだ。ドパミンもこのファミリーのひとつである。研究チームはまた、質問紙を用いて、人々がどのように行動を制御することができるかを記録した。貧しい行動制御の女性は、ドパミンレベルが高い遺伝的素因をもっている傾向がみられたという。

ある人が、仕事を延期する傾向があるか、あるいは彼に干渉する因子に気を散らすことなく、特別な集中力を維持する能力に直接的に依存して取り組む傾向にあるか。ここではドパミンが重要な役割をはたす可能性があるという。先行研究において、この神経伝達物質は認知的柔軟性の上昇に関連するだけでなく、情報がワーキングメモリ(作業記憶)に入り込むことを容易にすることが示唆されている。

「我々は、それが行動に特別な集中力を維持するのをより困難にするだろう、と考えた」と共同研究者で博士候補生のカロリーネ・シュリューターは語っている。「遺伝子型の結果としてドパミンレベルが高い傾向の女性は、行動を延期する傾向がある。なぜなら、彼女らは周囲のあるいは別の因子によって気を散らされ易いからだ。」

研究チームは、先行研究の結果から、この現象が性特異的である理由としてエストロゲンが脳内のドパミン生産に間接的に影響を及ぼすことを指摘している。

出典は『社会認知と愛情神経科学』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  低脂肪食は、女性のがんやその他疾患に有効?!  
  糖尿病の家族歴を有する者は、骨密度が増加?!  
  普通体重で腹部肥満の閉経後女性は死亡リスクが高い  
  高齢女性の社会的関係の悪さは、骨量減少に関連する?!  
  健康な高食物繊維食で子癇前症のリスクを低減  
  「朝型生活」の人、乳がんリスク低め  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報