リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  異常な摂食行動は、自閉症の新しい診断指標となる可能性がある!?
2019.8.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

非定型の摂食行動は、自閉症児としてスクリーニングされるべきサインである可能性があるようだ、という米国ペンシルベニア州立大学等からの報告。

これまでの研究では、ADHD、他の障害、定型発達児と比較し、自閉症児の子供から青年の、非定型摂食行動の割合について調査していなかったという。

研究対象者は、1〜18歳(平均7.3歳)の子供2102名(自閉症1462名、他の疾患327名(ADHD、知的障害、言語障害、学習障害)、定型発達児313名)である。非定型摂食行動は、心理学者が親へインタビューを行った自閉スペクトラム障害のチェックリストにより評価した。

結果は、自閉症児では、他の障害や定型発達児に比し、非定型摂食行動が有意に高かったという。非定型の摂食行動をとった自閉症児は、最も一般的な行動は、食品嗜好の限定であり、次いで、食感に対する過敏性、1つの種類の食品だけを食べる、飲み込まずに食べ物をため込む、異食であった。

食品の好みが限定されていた自閉症児の約9割は、穀類製品や鶏肉(一般的にはナゲット)を好む傾向が認められた。非定型の摂食行動をした自閉症児の4分の1は、3つ以上の非定型の食行動を示した(他の障害、定型発達児は0%)。自閉症児のみから、異食や、飲み込まずに食べ物をため込む行動が認められた。

「プライマリケア提供者が、これらの非定型の摂食行動について両親から聞いた場合、自閉症スクリーニングのために子供を紹介することを検討するべきである」とメイズ氏は述べている。

出典は『自閉症スペクトラム障害研究』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  腸内細菌は胎児にもあった!  
  子供の偏食を治療する方法を開発  
  簡単な3つの指標で思春期の肥満発症と肥満解消が予測できる?!  
  父親の食事が子の心臓に長期的に影響?  
  自閉スペクトラム障害と体重増加は関連する?!  
  精子の質を高めるトマト由来のサプリメント  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報