リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  ジョギングと5つの運動で「肥満遺伝子」に打ち勝つ
2019.8.5 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

肥満になり易い遺伝子を抱えた人でも、定期的な運動習慣によって体重をスリムにキープできるようだ、という国立台湾大学からの研究報告。

研究チームは、30-70歳の漢民族18,424人を対象に遺伝子と自己申告の運動習慣との関係を調査した。

BMI、体脂肪率、ウエスト周囲径(腹囲)、ヒップ周囲径、ウエストヒップ比など肥満の5つの指標を検討した結果、定期的なジョギングが、肥満を抑える最適な運動であることが明らかになったという。

さらに、登山、ウォーキング、パワーウォーキング、ある種のダンス、長期ヨガ実践もまた肥満し易い遺伝子を持つ人々のBMIを低く保っていたという。

意外なことに、サイクリング、ストレッチ、水泳、「ダンスダンスレボリューション」には肥満遺伝子に抵抗する効果は見られなかったという。

今回の研究が示唆しているのは、こと肥満に関して言えば、遺伝子は運命ではなく、定期的な運動によって防げるものであるということだという。

先行研究においても、頻繁な運動が遺伝子の効果を弱めることが報告されているが、それらはBMIしかみていなかった。今回の研究では、他の指標(特に腹部肥満の指標)についてもそれが言えることが実証されたという。

出典は『プロス遺伝学』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  中年期の筋肉量が多い人は心疾患のリスクが低い?  
  心臓代謝問題のある患者に加速度計が有効かも?  
  定期的な運動は心臓病患者のリハビリに有効  
  高強度運動が高齢者の記憶を改善するようだ  
  良く歩く高齢女性は股関節骨折が少ない!?  
  運動しないのは時間がないからではない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報