リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  高齢者にレジスタンス運動が必要な理由とその具体的方法
2019.7.29 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

高齢者の多くは日常的にレジスタンス運動をしないが、新しいポジションステートメントによれば、それは健康と寿命を改善するカギであるという。米国ミシガン大学からの報告。

「100歳まで生きたいか聞いても、イエスという人は少ないだろう」と筆頭研究者のマレン・フラガーラ教授は語っている。「その主な理由として、多くの人々が加齢とともに身体と精神の機能が低下して、自立性が失われ、QOLが悪くなることが挙げられる。」

今回のポジションステートメントは、高齢者の健康的な加齢のために、筋力レジスタンス運動が有益であると述べている。

「加齢は、慢性疾患なしでも、種々の生物学的変化に関連し、骨格筋量、筋力、機能の低下に寄与する」とフラガーラは言う。「そのような低下は身体の回復力を低下させ、壊滅的な事象に対する脆弱性を高める。」

「本ポジションステートメントは、高齢者が健康を増進し機能的な恩恵を受けるためのレジスタンス運動の根拠に基づく推奨を提供している」と教授は附言している。

ポジションステートメントでは、11の実践的なアプリケーションが4つの主要コンポーネントに分けられている。それは、プログラムデザイン変数、身体的適応、機能的恩恵、フレイルとサルコペニアその他の条件に対する対策、である。

アプリケーションは、トレーニングの種類、繰り返し回数と強度、適応が必要であろう患者グループ、トレーニングプログラムが障害をもつ高齢者や介護を受けている高齢者に適応する方法などへの示唆が含まれている。

「我々は、トレーニングが適切に実施されるとき、それはリスクを遥かに上回ることを発見した」とフラガーラ教授はコメントしている。

出典は『ストレングス&コンディショニング研究雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  中年期の筋肉量が多い人は心疾患のリスクが低い?  
  心臓代謝問題のある患者に加速度計が有効かも?  
  定期的な運動は心臓病患者のリハビリに有効  
  高強度運動が高齢者の記憶を改善するようだ  
  良く歩く高齢女性は股関節骨折が少ない!?  
  運動しないのは時間がないからではない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報