リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  セラミドのわずかな変化でマウスの前糖尿病が逆転する!
2019.7.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

小さな化学構造の変化(二重結合の有無)が、健康なマウスとインスリン抵抗性で脂肪肝のマウスの違いを生み出すようだ、という米国ユタ大学からの研究報告。

研究チームは、ジヒドロセラミドデサチュラーゼ1(DES1)と呼ばれる酵素を不活性化することによってメタボリックシンドロームの進行を変えることに成功したという。この酵素の、セラミドと呼ばれる脂肪から末端の2つの水素を除去して二重結合を作る活性を止めることによって、体内のセラミドの総量が低下する効果が生まれる。

研究チームは、遺伝子組み換えとRNAの肝臓への注入という2種類の方法で酵素を不活化した。

高脂肪食で肥満したマウスにこの処置を施した結果、肥満は解消されなかったが代謝が顕著に改善された。脂肪肝が解消され、インスリン抵抗性も改善した。処置後少なくとも2か月は、マウスは健康を維持しており、長期にわたる影響については現在検討中であるという。

この知見は、代謝的な健康におけるセラミドの役割をクローズアップするものであり、DES1をピンポイントに薬剤標的として用いる新しい代謝疾患の治療法の開発につながる可能性があるという。

「我々の研究が示しているのは、セラミドが代謝的健康に及ぼす重要な役割である」と共主任著者のスコット・サマーズ博士は語っている。「我々はセラミドが次のコレステロールだろうと考えている。」

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ランセット特集:口腔衛生の重要性  
  肥満は病気として認識されるべきですか?  
  若い頃の高血圧、高コレステロール値は要注意  
  甘い飲み物とがんリスク  
  毎月の生活習慣カウンセリングが糖尿病患者に有効かも  
  研究は最も健康的な食事ナッジを特定します  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報