リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊娠前の体重が母乳哺育児の成長に影響する!?
2019.7.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

母親が妊娠前に肥満していた場合、母乳の生産に変化がみられ、その結果乳児の成長に影響するようだ、という初めての報告が米国ルイジアナ州立大学によって発表された。

「本研究の重要性は、母乳の成分が母親の受胎時の体重に依存して変化し、母乳を与えられた乳児の成長と発達に影響を及ぼすということだ」と筆頭研究者のヘンリー・ナス博士は語っている。

「小児肥満率は米国この数十年の間に顕著に増加している」と主任研究者のメリンダ・サザーン教授は語っている。「多くの研究が、母乳哺育が乳幼児の過剰な体重増加を抑える効果について示しているにも関わらず、それがなぜなのかを完全に理解しているわけではない。」

母乳にはTNF-αやインターロイキン-6(IL-6)のような炎症促進性のたんぱく質をインスリンやレプチンのようなホルモン同様に含んでいるが、オメガ-3系およびオメガ-6系の多価不飽和脂肪酸も含んでいる。これらの成分が乳児の成長にどのように影響するかはよくわかっていない。

研究チームは、妊娠前に普通体重(BMI25以下)または肥満(BMI>25)だった母親33名の出産後の血中と母乳中のこれら成分と、乳児の4-8週齢の成長との関係を検討した。

データ解析の結果、妊娠前の母親の体重に関係なく、炎症促進性因子が乳児の成長に影響することが明らかになったという。けれども、妊娠前に肥満だった母親から生まれた子供は、母乳による成長が低めだった。

「肥満だった女性から生まれた乳児は、母乳に対する反応が最適でなく代謝的にプログラムされているようにみえる」とナス博士は述べている。「妊娠可能時期の女性は体重が子供の成長に良くない影響を及ぼす可能性を考慮するべきだろう。」

出典は『プロスワン』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  乳幼児のリン酸塩摂取は許容量を超える可能性がある  
  栄養不良児の腸内細菌と健康な発育を促す新しい治療食  
  母親の肥満は、小児がんに関連する?!  
  異常な摂食行動は、自閉症の新しい診断指標となる可能性がある!?  
  朝食をとばす若者は肥満を発症する可能性がある  
  米国政府の栄養プログラムで、母子の健康は向上しました  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報