リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  若年男性の22%、若年女性の5%が摂食障害の可能性!?
2019.7.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

自分が貧弱だと思い体重を増やそうとするティーンは、いわゆる筋肉指向問題摂食行動のリスクが高まるようだ、という米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校からの研究報告。

研究チームは、米国在住の11-18歳の14,891名のティーンを18-24歳まで7年間追跡調査した。

その結果、追跡期間中に男子の22%、女子の5%に、この問題摂食行動がみられたことが明らかになったという。

特に、体重を増やすために運動した男子は、このタイプの摂食障害のリスクが142%高く、女子では248%高かった。自分が過体重だと考える男子ではリスクは56%高く、女性では271%高かった。

「一部の摂食障害は診断が困難である。両親や小児科医によって容易に識別される神経性食思不振症とは異なり、体重を増やすための摂食障害は健康習慣にみえるため気づかない傾向が高い」と研究者は注意を呼び掛けている。

出典は『国際摂食障害雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  乳幼児のリン酸塩摂取は許容量を超える可能性がある  
  栄養不良児の腸内細菌と健康な発育を促す新しい治療食  
  母親の肥満は、小児がんに関連する?!  
  異常な摂食行動は、自閉症の新しい診断指標となる可能性がある!?  
  朝食をとばす若者は肥満を発症する可能性がある  
  米国政府の栄養プログラムで、母子の健康は向上しました  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報