リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  2型糖尿病と心不全の治療
2019.7.1 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

米国心臓協会・米国心不全学会は、2型糖尿病と心不全の両方の管理を1つの文書にまとめ発表した。これら2つの病気は合併するケースが多いことが知られている。文書の中で、薬物療法、生活習慣の改善の新しいアプローチについて述べるとともに、さまざまな専門家―医師、看護師、登録栄養士、ソーシャルワーカーなど―によるケアの重要性を強調している。

2型糖尿病は心臓発作の危険因子であり、有病率・死亡率を高める。糖尿病および心不全の有病率の長期的傾向は、疾患の負担の増大を予測し、そして効果的な治療戦略の必要性を強調している。最近の臨床試験は糖尿病と心不全との間の共通の病態生理学、両方の状態を管理することの相乗効果、および糖尿病治療が心不全転帰のリスクを調節する可能性を実証した。

糖尿病および心不全に関するこの科学的声明では、疫学、病態生理学、および糖尿病の影響、ならびに心不全の転帰に対して、その管理について要約している。

糖尿病および心不全患者における薬物療法および生活習慣改善へのアプローチをレビューしているほか、臨床転帰を改善するために様々な専門家が関わることの価値を強調し、将来の研究の優先順位について概説している。

出典は『循環器』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ランセット特集:口腔衛生の重要性  
  肥満は病気として認識されるべきですか?  
  若い頃の高血圧、高コレステロール値は要注意  
  甘い飲み物とがんリスク  
  毎月の生活習慣カウンセリングが糖尿病患者に有効かも  
  研究は最も健康的な食事ナッジを特定します  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報