リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  コレステロールが白血球数を上昇させる原因が明らかに
2019.6.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

高コレステロールの者の白血球数が急激に上昇する原因を突き止めた、という米国ヒューストンメソジスト研究所による研究報告。心疾患の新しい治療法の開発につながる可能性があるという。

研究チームは、ゼブラフィッシュを用いた動物実験で、高LDL-コレステロールを持つ人々にしばしばみられる白血球の急激な上昇の新たな制御メカニズムを発見したという。このメカニズムは、SREBP2と呼ばれるたんぱく質を活性化し、それが造血幹細胞の発達を促す。それは白血球の前駆体であり、全ての血液細胞はそこから作られる。

「我々はこのたんぱく質を標的にして、その拮抗物質が造血幹細胞からできる白血球の数を減らせることを示した」と主任研究者のロング・ファン准教授は語っている。「この新しい制御経路の発見は血液疾患の治療に有用になるかもしれない。たとえば、SREBP2の阻害薬である植物由来のベチュリンは、白血病の進行を止めるのに役立つかもしれない。」

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  アルツハイマー、新血液検査で診断可能に?  
  食物新奇性恐怖は生活習慣病のリスクを高める可能性がある  
  セラミドのわずかな変化でマウスの前糖尿病が逆転する!  
  肉の摂取量が増えると早死リスクが高まる  
  長時間労働×10年以上、脳卒中リスクか  
  2型糖尿病と心不全の治療  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報