リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  腸内細菌を増やすことが高齢者の健康の秘訣!?
2019.6.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

若いマウスから高齢マウスへの糞便移植は、腸内細菌叢を刺激し腸の免疫系を甦らせるようだ、という英国ケンブリッジのバブラハム研究所からの報告。

腸は加齢の影響をもっとも受け易い臓器の一つであり、ヒトの腸内細菌はフレイル、炎症などへの関連も示唆されている。これら腸内細菌の加齢による変化は腸の免疫系の機能低下と平行して起こるが、今まで両者の関連は良くわかっていなかったという。

研究チームは、若齢マウスと高齢マウスを共飼いすることや、若齢マウスから高齢マウスへと糞便移植をより直接的に行うことで、高齢マウスの腸の免疫系が促進されることを発見した。

「驚いたことに、一緒に飼育することで、高齢マウスの腸管免疫機能の低下が抑えられた。これら高齢マウスの免疫細胞の数を調べると、若いマウスと殆ど見分けがつかなかった」と主任研究者のミシェル・リンターマン博士はコメントしている。

出典は『ネイチャーコミュニケーション』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  定年退職後の座位時間の増加 - 特に女性  
  食事の質は高齢者のフレイル(虚弱)のリスクに影響する  
  低炭水化物ダイエットは高齢者の認知機能を少しだけ改善するかも  
  適切なたんぱく質摂取はフレイルのリスク低下と関連  
  ペパーミントが食事の飲み込みを助けるかも  
  食事のビタミンやカロテノイドは、加齢性白内障を予防するかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報