リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊娠中にリノール酸を摂り過ぎると子どもの成長に影響するかも
2019.6.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ラットの研究によると、妊娠時にリノール酸を多く摂った場合、妊娠合併症やこどもの成長に影響するかもしれないという、豪州グリフィス大学からの研究報告。

西洋諸国では、ポテトチップスや植物油などに含まれるオメガ6系脂肪酸、特にリノール酸を多く摂っている。先行研究では、リノール酸が炎症の促進や、心臓病リスクの増加と関連することが報告されている。

本研究では、妊娠したラットに1日に推奨される3倍以上のリノール酸を与えた結果、仔に有害であったことが明らかになった。高リノール酸の食事を食べた母親ラットでは、肝臓の炎症性たんぱく質濃度が変化し、妊娠中に子宮の収縮を引き起こすたんぱく質濃度が増加した。

これらの変化は、妊娠合併症や胎児の発育不良のリスクを増加する可能性がある。

もし、ヒトでも同じような影響があるならば、妊婦はリノール酸を摂り過ぎないようにする必要がある。

研究者は、ラットに10週間、高リノール酸の食事を与え、妊娠中の影響と仔の成長を観察した。特に、母親と仔の体重や組織重量、肝臓の炎症性たんぱく質、コレステロールやレプチンの濃度の変化を調べた。

また、ラットは1度の妊娠で複数の仔を出産するが、高リノール酸の食事を摂取した母親から産まれる仔のうち、オスは数が少ないことがわかった。

ヒトにおいては、リノール酸の多い食事を食べる人は、砂糖や食塩、脂肪の多い傾向があることに注意が必要である。しかし、本研究では、食事中のリノール酸の量のみを変えていた。

「妊娠中の女性は食事に気を付けることが重要です。本研究は、特定の栄養素を過剰摂取した場合、胎児に悪影響を及ぼす可能性があることを示した1例でしょう」と筆頭著者のスケリー博士は述べている。

出典は『生理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  再びカロリーゼロ甘味料に問題発生!?  
  妊娠前の体重が母乳哺育児の成長に影響する!?  
  加糖飲料の摂取を減らす方法を評価する新しいコクランレビュー  
  若年男性の22%、若年女性の5%が摂食障害の可能性!?  
  加工食品のプロピオン酸が自閉症急増のカギを握る!?  
  体重管理の介入プログラムが親子の健康改善に有効かもしれない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報