リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  卵のコレステロールは、心疾患、死亡リスクに関連
2019.6.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

心臓病と死亡のリスクは食べる卵の数に従って上昇するようだ、という米国マサチューセッツ大学からの研究報告。

研究チームは、全米の3万人近い成人の食生活、健康状態、生活習慣を平均17.5年にわたって追跡調査した結果、卵に含まれるコレステロールを大量に摂取することは、悪い健康影響と関連していることを発見したという。

米国人の卵の摂取量は上昇しており、農務省によれば、2012年には一人当たり年間254個だったものが、2017年には279個になっていた。

米国の現在の食生活指針では、卵の摂取量についての注意はないという。ガイドラインは5年ごとにアップデートされるが、近年専門家は、食事中のコレステロールよりも飽和脂肪酸が血中コレステロールを上昇させる要因とみるようになった。そのために指針に含まれなかったのではないかという。2015年以前には、ガイドラインでは1日300mg以上のコレステロールの摂取を制限していた。

大きな卵1個には200mgのコレステロールが含まれている。

今回の研究は、具体的な卵およびコレステロールの摂取量を設定するものではないが、コレステロールの摂取が1日300mg増えるごとに、心血管疾患の発症リスクが17%、死亡リスクが18%上昇することと関連することを発見したという。

「週に数個の卵を食べるのは理にかなっているだろう」と主任研究者のキャサリン・タッカー教授は語っている。それは目や骨の健康に良いのだという。「けれども、私は人々に1日に卵3個のオムレツを食べることは避けるようにお勧めする。栄養は全て中庸とバランスの問題なのだ。」

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  砂糖入り飲料税は、購入と摂取の両方を減らす?!  
  牛乳:唐辛子の火傷を軽減するのに最適な飲み物  
  低炭水化物食は体重減少とは無関係に糖尿病リスクを減らす  
  ビタミンDのサプリメントは心血管系疾患のリスク低下と関連しない!?  
  ヨーグルトは男性の前がん性病変のリスク低下と関連する?  
  医師は栄養教育を必要としている!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報