リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  腸の細菌を調節することで不安が軽減される可能性あり
2019.6.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

不安症状を経験している人は、プロバイオティクスやその他の食品・サプリメントによって腸内細菌をコントロールすることが助けになるかもしれない、という中国・上海交通大学からのレビュー報告。

不安症状は、精神疾患の患者や身体疾患の患者にも一般的に見られ、特にストレスに関連していることが多い。先行研究では、人口の3分の1が生涯に一度はかかることが示唆されていた。

研究の進展により、腸内細菌が免疫機能や炎症に密接に関連し、それが脳機能にまで影響していることが明らかになってきた。実証はされていないものの、腸内細菌のコントロールによって精神疾患も治療可能ではないかといわれている。

研究チームは、1,503名のデータを含む、21件の研究をレビューした。そのうちの14件ではプロバイオティクスが、残り7件ではそれ以外の食品が使われていた。

21件中、プロバイオティクスを用いた研究の36%で、非プロバイオティクスを用いた研究の86%で不安症状を軽減するポジティブな効果が観察された。

「プロバイオティクスよりも非プロバイオティクスによる介入が効果的であるようだ」と研究者はコメントしている。

出典は『一般精神医学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  アルツハイマー、新血液検査で診断可能に?  
  食物新奇性恐怖は生活習慣病のリスクを高める可能性がある  
  セラミドのわずかな変化でマウスの前糖尿病が逆転する!  
  肉の摂取量が増えると早死リスクが高まる  
  長時間労働×10年以上、脳卒中リスクか  
  2型糖尿病と心不全の治療  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報