リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  ブロッコリーの成分が強力な腫瘍抑制因子の機能を再覚醒させる
2019.6.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ブロッコリーの天然成分であるインドール-3-カルビノール(I3C)が、PTENの腫瘍抑制活性を阻害する酵素を作るWWP1遺伝子を不活性化し、PTENの抑制活性を復活させるようだ、という米国ベスイスラエルディーコネス医療センターからの研究報告。

PTENは腫瘍抑制活性を持ち、その突然変異はがんの原因となる発がん遺伝子であるが、研究チームは、PTENが正常でも、それを阻害する酵素が存在することを発見し、マウスとヒト細胞を用いた実験で、その遺伝子WWP1を明らかにした。

さらに、研究チームは、がん多発マウスにI3Cを投与することによって、I3Cとその類似体がWWP1を阻害し、PTENのsh腫瘍抑制活性に対するブレーキを解除することを発見した。

「WWP1の遺伝的あるいは薬理学的に不活性化することで、PTEN機能を回復され、さらにその腫瘍抑制活性をもどすことができた」と研究者はコメントしている。

出典は『サイエンス』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  アルツハイマー、新血液検査で診断可能に?  
  食物新奇性恐怖は生活習慣病のリスクを高める可能性がある  
  セラミドのわずかな変化でマウスの前糖尿病が逆転する!  
  肉の摂取量が増えると早死リスクが高まる  
  長時間労働×10年以上、脳卒中リスクか  
  2型糖尿病と心不全の治療  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報