リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  母親の教育歴と子供のBMIとは関連する?!
2019.6.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

母親の教育歴は、子供のBMIの強力な予測因子であるようだ、というアイルランド国立ダブリン大学トリニティカレッジ等からの報告。母親の教育歴は、早期の子供のBMIへ影響を及ぼし、さらに子供の成長と共に広がることが認められ、早期介入の必要性が強調された。

今回の研究では、3つのヨーロッパの子供関連コホートを使用し、母親の教育歴の差異と、乳幼児期、学童期、思春期における子供のBMI軌跡との関連を調査したという。対象者は、アイルランド、イギリス、ポルトガルの3カ国で経時的にBMIが測定された子供41,399名であり、社会経済的地理の指標として、母親の最終教育レベルを使用した。

結果は、母親の教育歴の格差と子供のBMIとの関連性が、子供が3歳時点で、明らかに認められたという。乳児期では、母親の教育レベルにより子供のBMIに差異は認められなかったが、高等教育まで受けた母親の子供と比し、初等教育、中等教育まで受けた母親の子供では、体重の増加が早い速度で認められた。

「今回の研究は、健康と平均余命の格差は、人生早期に始まり、5歳までに確立されることを示唆している。肥満の子供の多くは、長期的な健康影響を受け、成人期に肥満になるリスクが高くなる。例えば、アイルランドの他のデータによると、17〜18歳時点での肥満は、すでに血圧上昇と関連することが示唆されている。これは、喫緊の公衆衛生問題である」とリチャード・レイテ教授は述べている。

出典は『小児周産期疫学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  先史時代の哺乳瓶が見つかった!  
  低FODMAPダイエットは小児の治療にも有用?  
  業界は、不健康な子供の食べ物を制限するテレビ広告規制に不当に影響を与えた?  
  複数の野菜を繰り返し提供すると、幼児の野菜摂取が増加?!  
  栄養プログラムだけでは、健康な脳の発達には不十分  
  ビタミンD不足の小学生、思春期の不安・抑うつ症状リスクに?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報