リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  早期正期産は満期正期産よりも子どもに母乳を与えるまでの時間が長いかも
2019.5.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

妊娠37-38週までに産まれた子ども(早期正期産児)は、39-41週で産まれた子ども(満期正期産児)より、出生後72時間以内の母乳育児の割合が少なかったという、イスラエルのハダサヘブライ大学からの研究報告。

対象者は358人の母親で、生後に母乳育児を開始した時間と、生後1ヶ月時の救急外来の訪問リスクを調査した。

その結果、37-38週に産まれた早期正期産の子どもはは、39-41週に産まれた満期正期産の子どもより、入院中の生後72時間以内と生後1ヶ月時に母乳育児である割合が少なかったという。

研究者らは、乳児の神経学的未熟さによる母乳育児の困難を助けるために、早期正期産の母子の授乳育児に注意をはらい、手助けを測ることを推奨している。

出生後の重要な時間に母乳育児を始めることは、1か月後の母乳育児の継続率、及び子どもの疾患や死亡リスクの低下に大きな影響を与えているかもしれないとまとめている。

出典は『母乳哺育医学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンD不足の小学生、思春期の問題行動リスク2倍に?  
  妊婦のフッ化物への曝露が子供のIQを下げる可能性  
  小児のグルテン摂取はセリアック病リスクを高める!?  
  青少年エンパワメントプログラムが肥満を予防する  
  地中海式ダイエットは妊婦の健康度を高める!?  
  新生児の腸内細菌の代謝物が、アレルギー・喘息の原因に!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報