リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  歩行速度が速い人は長生きするかも?!
2019.5.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

歩行速度が遅い人は、速い人よりも平均寿命が短かった、という英国の国立健康研究所(NIHR)、レスター大学、ラフバラ大学からの研究報告。

研究者らは、英国のバイオバンクに登録した47万4919名のデータを用いて平均寿命を推定した。調査期間は、2006年3月13日から2016年1月31日であった。

研究によると、低体重から肥満のすべての体格において、習慣的な歩行速度が速い人は、遅い人と比べて平均寿命が長かったことが明らかになった。

歩行速度の速い人は、全てのBMIにおいて、より長い平均寿命を示した。男性で85.2から86,8年、女性で86.7から87.8年の範囲であった。

逆に、歩行速度の遅い人は平均寿命が短く、最も短かったのは、低体重(BMI20未満)で歩行速度が遅い人でああった。男性で64.8年、女性で72.4年であった。腹囲でも同様のパターンがみられた。

レスター大学のトム・イェイテス教授は、「この調査結果は、体力が体重やBMIよりも、平均寿命を示すよりよい指標であることを示唆している。活発な歩行は、平均寿命を延ばすかもしれない」と述べている。

バイオバンクのデータを用いて、昨年発表された研究では、歩行速度が遅い人は、一般集団と比較して心臓に関連した疾患リスクが高いことが明らかとなっている。この先行研究では、体格や喫煙などのリスク要因を検討した後でも、歩行速度が遅い人は、速い人よりも心疾患に関する死亡リスクが2倍近く高かったことが示されている。

出典は『メイヨ・クリニック紀要』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  運動はクモ膜下出血に対する効果的な予防策  
  筋肉量・筋力とビタミンD  
  運動のタイミングがダイエット成功の鍵になる?  
  運動でメタボを改善する!  
  中高齢者が活発であること、より活発になることは長寿と関連?!  
  運動能力を高める(?!)腸内細菌、エリートアスリートで発見  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報