リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  ダイエット飲料を飲む若者は摂取カロリーを節約していない
2019.5.21 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

通常低カロリー飲料(無カロリーを含む)を摂取する米国の未成年者は、水しか飲まない者に比べて平均して1日200kcal多い、加糖飲料を飲む者と同等のカロリーを摂取しているようだ、という米国ジョージワシントン大学からの研究報告。

研究チームは、米国民健康栄養調査(NHANES)の2,011-2016年のデータから7,026名の未成年者のデータを解析した。

ダイエットソーダなどの低カロリー飲料を主として摂取すると答えた未成年者は、水しか飲まない者より、飲料からのカロリー摂取が多いだけでなく、食品からのカロリー摂取も多いことが明らかになった。

体重差を考慮して調整すると、主に水を飲む者に比べ、低カロリー飲料、加糖飲料、両方の摂取は、各々196、312、450kcal余分なカロリー摂取と関係していた。

低カロリー飲料摂取者と加糖飲料摂取者のカロリー摂取量には有意差がなかったという。

主任研究者のアリソン・シルベツキー助教授は、ソフトドリンクではなくて水を推奨するというガイドラインに従うべきである、とコメントしている。

出典は『小児肥満』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  体重管理の介入プログラムが親子の健康改善に有効かもしれない  
  小児、若年成人の重度の健康問題に関連するサプリメント  
  妊娠中にリノール酸を摂り過ぎると子どもの成長に影響するかも  
  加糖飲料の真実を伝えることが子どもの肥満予防に繋がるかも  
  母親の教育歴と子供のBMIとは関連する?!  
  好き嫌いが多いと10代の栄養摂取量が変わるかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報