リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊娠中のナッツの摂取は、小児の神経発達改善と関連する?!
2019.5.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

妊娠初期のナッツの豊富な食事は、子供の精神発達の改善と関連するようだ、というバルセロナグローバルヘルス研究所等からの報告。

ナッツは、高血圧、酸化ストレス、糖尿病のリスク減に役立つとされ、これまで、高齢者の認知機能に保護的効果を有する可能性が示唆されている。今回の研究により、ナッツに関する新しいエビデンスが加えられるという。

今回の研究の対象者は、スペインのアストゥリアス、ギプスコア、サバデル、バレンシアで行われたINMAプロジェクトに属するコホートに登録されている母子のペア約2,200名である。母親のナッツ摂取については、妊娠初期と妊娠後期、食生活に関するアンケートにより評価、子供の神経心理学的発達状況については、生後18か月、5年、8年後、国際的に妥当性が示された標準試験を用いて評価され、関連性が検討された。

結果は、妊娠初期、ナッツ高摂取の母親から生まれた子供は、認知機能、注意力、作業記憶に関し良好な結果が認められたという。一方、妊娠後期のナッツ摂取も分析したところ、神経心理学的アウトカムとの関連性は認められなかったか、弱い関連性が認められた程度だった。

「今回ナッツに含まれたのは、クルミ、アーモンド、ピーナッツ、松の実、ヘーゼルナッツである。この観察された有益な効果は、ナッツに高濃度の葉酸と、特にオメガ-3系およびオメガ-6系脂肪酸が含まれるからだと思われる。これらの成分は神経組織に蓄積し、記憶や遂行機能を高めるだろう」と筆頭研究者のフローレンス・ギニャックは語っている。

出典は『欧州疫学雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  腸内細菌は胎児にもあった!  
  子供の偏食を治療する方法を開発  
  簡単な3つの指標で思春期の肥満発症と肥満解消が予測できる?!  
  父親の食事が子の心臓に長期的に影響?  
  自閉スペクトラム障害と体重増加は関連する?!  
  精子の質を高めるトマト由来のサプリメント  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報