リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  脂肪細胞は一日を通して異なる「シフト」を働きます
2019.3.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

ヒトの脂肪細胞は、自身の体内時計と概日リズムを持ち、代謝を司っているようだ、という英国サリー大学からの研究報告。

研究チームは、7人の参加者を様々な睡眠-覚醒サイクルにおいて脂肪組織の変化を検討した。

その結果、脂肪細胞には、独自の概日リズムをもつ727の遺伝子があることがわかったという。その多くが鍵となる代謝機能に関与していた。遺伝子発現のピークは、3分の1が朝に、3分の2が夕方に集中していた。

朝にピークを持つ遺伝子は核酸代謝に関与し、夕方のものは酸化還元および有機酸代謝に関係していた。

これらの遺伝子のリズムは、光や摂食などの外的要因とは独立してそれ自身のリズムを刻んでいたという。

「ヒトの脂肪の代謝リズムを特定した世界初の研究であり、ヒトの食物処理が昼夜で異なる理由を説明できるだろう」と主任研究者のジョナサン・ジョンストン教授はコメントしている。

出典は『サイエンティフィックレポート』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  うつ病の肥満者への行動療法と抗うつ剤を含む統合治療の効果  
  断食模倣ダイエットは炎症性腸疾患患者の治療に有望である?  
  中年期の食事の質はその後の認知症リスクに関連しない?!  
  自制心が弱いから太った? 逆かも  
  赤ラズベリーは糖尿病前症の血糖制御に役立つかも?  
  若年成人期の健康的な食事は、中年期の脳機能の良好さと関連!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報