リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  若年成人期の健康的な食事は、中年期の脳機能の良好さと関連!?
2019.3.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

若年成人期からの果物、野菜の豊富な摂取、ナッツ、魚類、アルコール類の適度な摂取、肉類、全脂肪の低摂取は、中年期の認知機能低下の軽減に関連するようだ、という北アイルランド、クイーンズ大学等からの報告。

研究では、CARDIAスタディの若年成人2,621名(平均年齢25歳)を対象とし、30年フォローアップした。ベースライン時、7年後、20年後、食事歴法により平均食事スコアを算出した。対象者の食事パターンは、3つの健康的な食事(@地中海式食事、ADASH食、B食事の品質スコア(APDQS))をどのくらい遵守したかにより評価し、それぞれの食事の遵守度に基づき、低、中、高の3つに分類化した。認知機能は、25年後(平均年齢50歳)、と30年後(平均年齢55歳)に評価した。

結果は、地中海式食事と APDQSを順守した者は、中年期の認知機能低下が軽減していたという。一方、DASH食の遵守は、認知的パフォーマンスと関連していなかった。

地中海式食事を遵守が高かった者は、食事への遵守が低かった者と比し、思考力の低下する者が46%少ない傾向が認められた。最低分位のグループでは798名中、29%に思考力低下が認められたが、最高分位のグループでは868名中、思考力が低かったのは9%であったという。

「我々の研究は、若年成人期からより良い食習慣を維持することは、中年期の脳の健康維持に役立つ可能性があることを示唆している」と研究著者のクレアT.マッケヴォイ博士は述べている。

出典は『神経学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  プロピオン酸が糖尿病と肥満のリスクを高める?  
  グルコサミンサプリメントは心血管疾患リスク低減と関連する?!  
  社会経済的地位の低さと肥満との関連は、心理的メカニズムにより説明できる?!  
  肥満は都市より農村部で急速に上昇している  
  胃がんに対するクルクミンの抗腫瘍作用を明らかにする研究  
  個人別栄養は入院患者に有益性を示す  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報