リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  非カロリー甘味料が腸内微生物叢に悪影響を及ぼす十分な証拠はない
2019.3.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

非カロリー甘味料が腸内細菌叢に影響を及ぼすというエビデンスは充分ではない、というスペイン・グラナダ大学からのレビュー報告。

研究チームは、人工甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム、シクラメート、サッカリン、ネオテーム、アドバンテーム、スクラロース)、天然甘味料(タウマチン、ステビオール配糖体、モネリン、ネオヘスペリジン、グリチルリチン)、低カロリー甘味料(ポリオール、糖アルコール)がヒト腸内細菌叢に及ぼす影響についての先行研究をレビューした。

はっきりわかったことは、サッカリンとスクラロースは確かに腸内細菌叢を変化させるということだけだった、と研究チームは述べている。だが、その健康影響はもっと研究が必要だ。大量のステビオールについても同様である。

「アミノ酸誘導体の甘味料は十二指腸と回腸で吸収され腸内細菌には大きな影響を及ぼさない。けれどもポリオールについては吸収されないのでプレバイオティックな作用を発揮する可能性はある」と主任研究者のアンヘル・ギル教授はコメントしている。

出典は『栄養学の進歩』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  レストランの評価は天気に左右される  
  迷信の広がり方  
  ウォーキング+αで誰でも気分が上がる  
  寿司の付け合わせに虫!?  
  食事の変化が新しい発音を増やした!?  
  面と向かっても:顔は本当の感情を常には明らかにしない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報