リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  味わうのは…ディナーだけではありません
2019.3.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

「味わう(saboring)」という言葉は食の文脈で頻繁に使われるが、我々は見事な夕焼けのような印象的な経験を「味わう」こともできる。会話を味わうこともできるようだ、と米国アリゾナ大学の研究チームは報告している。

「味わう」とは、主に感覚的な経験をスローダウンさせることであるという。

マギー・ピッツ准教授らの研究チームは、ヒトのコミュニケーションに関連した「味わう」経験について検討した。平均年齢22歳の65名を対象に、彼らがコミュニケーションを「味わった」経験について報告してもらった。

その結果、研究チームは、人々が、7種類のコミュニケーションを「味わう」ことを発見したという。

1)審美的コミュニケーション
参加者はこのタイプのコミュニケーションを、それが現前したタイミング、由来、言葉の選択(ひねりの効いた語句)の故に味わう。印象的なスピーチ、うまい洒落、サスペンスに満ちた告知などがこのカテゴリに入る。

2)コミュニケーションの存在
対象者が相手と深く関わりそこに没入し、他のすべてがどうでもよいことだと感じるような会話がこのカテゴリに含まれる。

3)非言語的コミュニケーション
ジェスチャー、顔の表情、身体的接触といった非言語的な手掛かりのこと。深い意味をもつハグ、微笑みはこのカテゴリに含まれる。

4)認識と感謝
対象者が公の場で感謝するような場合がこのカテゴリに含まれる。受賞講演や顕彰されたときのスピーチなど。

5)関係性コミュニケーション
お互いの関係を深く認識した瞬間のコミュニケーション。恋人たちが二人の将来を話す時、二人の関係が親しみをこめて開示されるときなど。

6)特別なコミュニケーション
多くの参加者が、結婚式、病気、子供の誕生のような記憶に残る特別な瞬間のコミュニケーションを味わっていた。

7)暗黙のうちに共有されたコミュニケーション
はっきりと言葉にすることが困難で、話されなかったコミュニケーションの経験。周囲の群衆が興奮した状況、あるいは誰かをみて、本能的に相手の感情を共有するような場合がこれにあたる。

「味わうことは、延長され拡張され持続する肯定的または喜びの感情である」とピッツ准教授は言う。「最初、あなたは喜ばしい何かを感じる。それからあなたは喜びを感じることについての喜びを感じる。それが味わいが出来する場所である。それはただ良いという感情ではない。それは良いと感じることに関して良いと感じることである。そしてその感情は捕捉することができるのだ。」

味わうことは、通常その場で感知されるが、遡及的および予測的に味わうことも可能であり、同様に有益であり得る、とピッツ准教授は述べている。

彼女の研究は、ポジティブ心理学の分野におけるエビデンスの上に構築されている。「味わう」ことは、人々が彼らの楽しめる人生経験を認識し感謝する能力であり、ウェルビーイング、人間関係、QOLの促進することに寄与できる。

出典は『言語と社会心理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  面と向かっても:顔は本当の感情を常には明らかにしない  
  非カロリー甘味料が腸内微生物叢に悪影響を及ぼす十分な証拠はない  
  ウォーキングシミュレーターは新しい文学ジャンルの誕生を告げる  
  薬の効き方、腸内細菌との関係  
  宗教は特定食品に対する消費者の選択に影響を与える  
  加工された光が健康や食糧を改善する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報