リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  搾乳した母乳の細菌叢には変化がみられる
2019.3.5 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

搾乳した母乳の間接的な授乳は、直接授乳に比べて、口腔細菌の枯渇と、潜在的な病原細菌の増加をもたらすようだ、というカナダ・マニトバ小児病院研究所などからの研究報告。

研究チームは、出産後3-4か月の健康な授乳婦393名を対象に、母乳中の細菌の遺伝子解析を実施した。そして、母乳細菌組成は、種々の因子によって左右されることを明らかにした。

まず、母乳細菌の組成は極めて多様であり、様々な因子の中で、一貫した変化を示したのは、直接授乳と搾乳による間接授乳の違いを比較した場合だけであったという。特に、搾乳の場合、潜在的な病原菌が増加することが一貫して観察され、直接授乳の場合には、口腔細菌が極めて豊富に存在することが観察された。

これは、直接授乳では乳児由来の細菌が、間接授乳では環境由来の細菌が増加することを意味している。

「母乳中の細菌は母親の腸内細菌が主であるという仮説が一般にいわれているが、我々の結果はそれとは異なり、乳児の口腔細菌が重要であることを示唆するものである」と主任研究者のメガン・アザド博士はコメントしている。

出典は『細胞:宿主と病原菌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  教室で朝食を提供するのが、いつも良いとは限らない?  
  小さな赤ちゃん、大きなデータ  
  魚油は若者の喘息管理を改善しないようだ  
  n-3系脂肪酸、流産・死産を予防か  
  個室での早産児ケアは敗血症予防と母乳哺育に有益  
  母親のストレスは子どもの過体重に影響するかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報