リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  特大の食事は肥満の要因であることが示される
2019.2.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ブラジル、中国、フィンランド、ガーナ、インド、米国で実施された研究で、レストランで提供される食事の94%が、英国の食事ガイドラインの推奨する1食の摂取カロリーを超えていることが明らかになった。米国タフツ大学などからの報告。

研究チームは、着席型のレストランの最もポピュラーなメインディッシュの94%、持ちかえりファストフードの72%が、600kcal以上であることを発見したという。

食事の重量とカロリー含量には有意な相関がみられた。ポピュラーな食事の幾つかは大きすぎて必要以上にカロリーが高いようだ。

例えば、ブラジルの伝統的な米、豆、鶏肉、キャッサバ、サラダとロールパンは841g、1,656kcal、ガーナの古典的なフフ、ヤギ、スープは1,105g、1,151kcal、インドのポピュラーなマトンビリヤニは1,012g、1,463kcalだった。

「肥満は世界的な健康問題であり様々な原因が関与している。多くの人々が、食物への渇望と飢餓を勘違いしている。抗肥満戦略には、この多過ぎる1食の問題を必ず考慮すべきであろう」と研究者はコメントしている。

出典は『英国医学雑誌(BMJ)』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  地中海型ダイエットは飽食を嫌う?  
  魚介類の摂取は喘息を予防するかも  
  我々の体は一過性の過食に適応する  
  植物ベースの食事療法は心不全リスクを減らすのに効果的でありえる  
  遅い夕食と朝食抜きは死の組み合わせ  
  赤身肉を健康的な植物性たんぱく質で置き換えると心臓病リスクが低下?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報