リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  加工された光が健康や食糧を改善する?
2019.2.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

LED照明は従来の電球を単に置き換えるだけのものだと信じている人々には驚きかもしれないが、ヒトの様々なホルモン反応を引き出したり、植物の成長や栄養価に影響を及ぼす技術的可能性があるようだ、という米国サンディア国立研究所からの報告が『ネイチャー』誌の「パースペクティブ」欄に発表された。

「LED照明はまだ黎明期にある」と筆者らは述べている。「我々は今、改変されたライトの立ち上げ期にいる。」

時間、空間、スペクトルを意識的に制御した光はさまざまなホルモン反応を引き出すことによって、ヒトの健康と生産性を調整するのに役立つ。

さらに、植物を用いて、LEDの波長と強度を調整することで効率的に成長を促進したり、形状を変え、栄養価を高めることができるという。これによって屋内農業に新しい可能性が開けるのだという。

LEDの使用の不可避的な拡大は、IoTによって家の照明やエネルギーの無駄遣いを節約する以上に、はるかに大きな価値を社会に付与するかもしれない、と著者らは述べている。

出典は『ネイチャー』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  迷信の広がり方  
  ウォーキング+αで誰でも気分が上がる  
  寿司の付け合わせに虫!?  
  食事の変化が新しい発音を増やした!?  
  面と向かっても:顔は本当の感情を常には明らかにしない  
  非カロリー甘味料が腸内微生物叢に悪影響を及ぼす十分な証拠はない  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報