リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  健康的な食生活をしたい? トレーニングから始めよう
2019.2.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

定期的な身体活動をすることはより良い食習慣につながるかもしれない、という米国テキサス大学からの研究報告。

研究チームは、定期的な身体活動とダイエットをしていない2,680名の若年成人を対象に検討を行った結果、それまで座位中心だった参加者が数週間の運動によって、脂肪の少ない赤身肉、果物、野菜を選ぶ傾向を高めることを発見した。

参加者は、ヒューストン大学とアラバマ大学の学生だった。週30分未満の運動しかしていない参加者は、15週間にわたって、1回30分の有酸素運動を週3回するように指導された。

参加者は、彼らの食事を変えるような指導はまったく受けなかったが、自然に変化したという。本研究はその変化の背後で働くメカニズムを明らかにするものではないが、先行研究では中程度の運動が高脂肪食への嗜好を減らし、それが脳内のドパミンレベルの変化に連動しているという動物実験の報告がある。幾つかの研究では、運動強度と食欲制御ホルモンの分泌量の関連も示唆されている。

「身体的に活発になるプロセスが食行動に影響するようだ」と責任著者のモリー・ブレイは語っている。「我々が運動を奨励する理由のひとつには、健康な習慣が他の領域にも影響を及ぼすことがある。このコンビネーションは極めてパワフルである。」

ブレイは、運動によって食品に対する嗜好が変化する仕組みは恐らく幅広い世代に共通のものであろうと言う。研究では18歳から35歳の人々を対象としており、これは健康的な食習慣を形成する重要な時期にあたる。先行研究は、問題のある体重増加は20-22歳で起きることが多いことを発見している。

出典は『国際肥満学雑誌』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  運動はクモ膜下出血に対する効果的な予防策  
  筋肉量・筋力とビタミンD  
  運動のタイミングがダイエット成功の鍵になる?  
  運動でメタボを改善する!  
  中高齢者が活発であること、より活発になることは長寿と関連?!  
  運動能力を高める(?!)腸内細菌、エリートアスリートで発見  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報