リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  母親のストレスは子どもの過体重に影響するかも
2019.1.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

出産後1年間の母親の知覚されたストレスは、子どもの過体重のリスクに関連するようだ、という独ヘルムホルツ環境研究センターからの研究報告。

ドイツでは、2歳から6歳の子どものおおよそ10%近くが、過体重である。

研究では、ドイツの前向き出生コホート研究の498人の母親と子どものペアを対象とした。妊娠中から出生後2年間の母親の知覚されたストレスの程度と、子の体格指数との関連を検討した。

その結果、出生後1年間の母親の知覚されたストレスが、子どもの5歳時の体格指数(body mass index, Zスコア)の上昇と関連付けられた。性別でみると、女児では正の関連を認めたが、男児では母親のストレスとの関連は見られなかった。

母親のストレスには様々な要因がある一方で、ストレスの原因よりもむしろ、母親の知覚されたストレスレベルが、女児のBMIのZスコアの上昇と強く関連した。

母親の知覚されたストレスには、交通量や騒音、生活環境が悪い、世帯収入が少ないことがあった。これらの生活環境によっておこる母親のストレスが、子どもの過体重につながっている可能性がある。

「子どもの発達に関して、妊娠から生後1年間は、特に外的影響に敏感であり、これが病気や肥満に繋がる可能性がある。そして、母親のストレスのような心理的影響が含まれるかもしれない。」と著者らは述べている。

出典は『BMC公衆衛生』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  魚油は若者の喘息管理を改善しないようだ  
  n-3系脂肪酸、流産・死産を予防か  
  個室での早産児ケアは敗血症予防と母乳哺育に有益  
  生命時計の新しい歯車:ビタミンD  
  2015年の壊滅的なネパール地震後、小児栄養不良の危機は回避された  
  母乳中の糖と微生物が新生児ロタウイルス感染に影響する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報