リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  生命時計の新しい歯車:ビタミンD
2019.1.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

ビタミンDの欠乏が、ある種の魚における胚の発達を停滞させるようだ、という米国ポートランド州立大学からの研究報告。

一年生メダカの一種であるAustrofundulus limnaeusは、季節性の雨でできた池に生息する。この不確かな環境条件を生き延びるために、この魚は環境的な合図に反応する胚を生み出すように進化した。反応によって調節されるのは、ひとつは胚の成熟度であり、別のひとつは胚が複数の休眠状態をもつことである。これによって胚は酸素や水が無い乾いた泥の中でも数カ月生き延びることができるようになった。

研究チームは、この魚が休眠状態をどのように調節しているのかを知るために、様々な環境条件をシミュレートし、各々段階にある魚のRNAを分析して、それらの発現を誘導する遺伝子を探した。

その結果わかったのは、ビタミンDの合成とシグナル伝達が、この魚の正常な発達を促進するということだった。逆にこの経路を阻害すると魚は正常な発達に望ましい条件下でも休眠状態に入ったという。

研究チームはまた、ビタミンD合成の阻害が、胚の発達を停滞させることのない種であるゼブラフィッシュの胚でも、休眠を誘導できることを発見し、このビタミンが脊椎動物の発達に重要であることを示唆した。

休眠を制御する類似の受容体が、線虫やショウジョウバエにもみられることから、ビタミンD受容体の機能が長い進化の間幅広い種間で保存されされていたことを示していると研究チームはみている。

「これはビタミンDの新しく発見された役割だ」と筆頭研究者のアミー・ロムニー博士は語っている。

出典は『国立科学アカデミー論文集』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  乳幼児のリン酸塩摂取は許容量を超える可能性がある  
  栄養不良児の腸内細菌と健康な発育を促す新しい治療食  
  母親の肥満は、小児がんに関連する?!  
  異常な摂食行動は、自閉症の新しい診断指標となる可能性がある!?  
  朝食をとばす若者は肥満を発症する可能性がある  
  米国政府の栄養プログラムで、母子の健康は向上しました  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報