リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  やっぱりBMIは健康指標に適していた!
2019.1.11 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

BMIは肥満と健康の評価ツールになるようだ、という英国ブリストル大学からの研究報告。

身長と体重を測定し算出できるBMI(body mass index)は、健康な体重かどうかを評価するツールとして幅広く活用されている。しかし、筋肉か脂肪かを区別できないため、BMIに対する信頼性についてはしばしば議論されてきた。

研究者らは、ブロストル90年代子どもの研究に参加した2,840名を対象に、10歳時と18歳時の身体のスキャンデータを用いて、BMIと併せて体脂肪量を詳しく調査した。

研究者らは、代謝や将来の心疾患リスクと関連する230もの異なる特徴から、胴、腕、足まわり等の総脂肪量の影響を検討した。

その結果、10歳と18歳時の総脂肪量が多いことは、18歳時の高血圧やコレステロール値の上昇、炎症反応の高値と関連があった。

これらの経時的な悪化は主として胴の脂肪沈着に由来すると考えられた(ただし、足まわりの脂肪もまた有害性が認められた)。除脂肪体重の影響は少なく、また脂肪の悪影響を打ち消す作用もみられなかったという。高いBMIは、高い総脂肪量及び胴の脂肪量と類似の影響をもっていた。

ブリストル大学の疫学研究者であるJoshua Bell博士は、「BMIはしばしば批判されている。しかし、体組成を測定した我々の研究は、BMIが肥満の健康影響を測定するためにとても有効であることを明らかにした。内臓脂肪が健康に最もダメージを与えるが、BMIでも体組成と同じような結果が得られた」と語っている。

出典は『米国心臓学会雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  コレステロールが白血球数を上昇させる原因が明らかに  
  現代の高炭水化物食に対処するために進化した遺伝子変異  
  甘草茶は患者に高血圧緊急事態を引き起こす  
  腸の細菌を調節することで不安が軽減される可能性あり  
  ブロッコリーの成分が強力な腫瘍抑制因子の機能を再覚醒させる  
  エナジードリンクで心機能異常・血圧変動リスクのおそれ  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報