リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  子どものミルクシリアル飲料摂取と過体重リスク
2019.1.4 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

生後12ヵ月の時点で毎日ミルクシリアル飲料を消費していた子どもは、5歳時点での過体重リスクは約2倍高くなるという。スウェーデン・ヨーテボリ大学の研究。

「ミルクシリアル飲料はそれほど悪くはありません。それがどのように使用されるかが問題です。つまり、食事としてではなく、他の食品を補うためのエキストラとして見られる場合です。」

この研究を支えている研究者たちは、生後6ヶ月のミルクシリアル飲料の摂取を1年1年半の高ボディマスインデックス(BMI)と以前に関連づけています。現在提示されている研究は、数年後の同じ子供たちのグループに関するものです。

追跡調査は、スウェーデンのHalland Countyにある1,870人の子供を対象とし、その詳細はHalland健康と成長に関する調査から得られたものです。身長と体重のデータは子供の保健サービスによって記録されていますが、彼らの食べ物や飲み物の摂取量に関する情報は両親から来ています。

5歳児のうち、11.6%が過体重、2.3%が肥満でした。過体重や肥満のリスクは、子供たちがかつて12ヵ月齢でミルクシリアル飲料を毎日消費していた場合、ほぼ2倍になることが証明されています(1.94倍)。このリスク上昇は他の要因とは無関係でした。

過体重になる可能性が高いことが判明したその他の条件の例としては、両親の学歴が低い場合、喫煙している場合、家族の肥満歴がある場合などがあります。遺伝は最も強い単一要因でした。

スウェーデンでは、子供は生後6ヶ月から1日に1〜5回ミルクシリアル飲料を飲むのが一般的です。問題の研究では、子供の85%が生後12ヶ月で毎日の消費者でした。

スウェーデンのミルクシリアル飲料はミルクと小麦粉で構成されており、栄養的にはお粥に近く、通常はビタミンやミネラルが豊富に含まれています。同様の製品は世界のどこかに存在しますが、それほど一般的ではありません。

「ミルクシリアル飲料は栄養価が高く、美味しく、スウェーデンでは何百年もの間使われてきました。万能薬ではありません。例えば、もし子供が他の過体重の危険因子を持っているのなら、ミルクシリアル飲料を使用しないことを考慮すべき」とアルム氏は話している。

出典は『小児科学紀要』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  個人的な信念や道徳は遺伝する!?  
  教室で朝食を提供するのが、いつも良いとは限らない?  
  小さな赤ちゃん、大きなデータ  
  搾乳した母乳の細菌叢には変化がみられる  
  魚油は若者の喘息管理を改善しないようだ  
  n-3系脂肪酸、流産・死産を予防か  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報