リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  米国人はどれくらい座っているか?
2018.12.26 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

座り過ぎと運動不足はどちらも健康に悪いが、問題は米国人においてこれらの行動がどれくらい一般的かということである。研究は、国民健康・栄養調査のデータを用いて、5,900名の成人の座位時間とレジャーの運動時間を検証した。

その結果、4人に1人の成人が1日8時間以上を座って過ごしており、10人中4人が1週間に全く中から高強度の運動をしない不活動に分類されることが明らかになった。

10人中1人は、1日8時間以上の座位時間と、不活動の両方を報告していたという。

本研究の限界として、自己申告のデータであることが挙げられる、と研究チームは述べている。

出典は『米国医学会誌(JAMA)』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  疲労骨折? 足を打つ地面は主な問題ではなかった  
  オメガ-3系脂肪酸は固定された脚の筋肉損失を食い止めるかも  
  植物ベースの食事はアスリートのパフォーマンスを高める!?  
  運動vs.薬、高血圧に「より」効くのはどっち?  
  気分の改善につながる身体活動の増加  
  1回の運動でも効果は2日続く?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報