リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  プロバイオティクスは、乳幼児のウイルス性胃腸炎に効果なし
2018.11.26 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ウイルス性胃腸炎の子供にプロバイオティクスを与えて嘔吐や下痢を抑えようとする事例が増加しているが、米国セントルイス・ワシントン大学の研究チームによれば、一般に用いられるプロバイオティクスは有効ではないようだ。

研究チームは、カナダの6か所の小児救急部を受診した胃腸炎に罹患した3-48ヵ月齢の886名を対象に、二重盲検ランダム化プラセボ対照臨床試験を実施した。

対象者は、ラクトバチルス・ラムノサスR0011とラクトバチルス・ヘルベチクスR0052を含むプロバイオティクス・サプリメントまたはプラセボ(偽薬)を5日間摂取した。

治療開始から14日以内の中度から重度の胃腸炎は、介入群414名中108名、対照群413名中102名であった。介入施設、年齢、検出された糞便中のロタウイルス、下痢と嘔吐の頻度で調整後も、対照群と介入群に有意差はみられなかった。

L.ラムノサスとL.ヘルベチクスのプロバイオティクスの摂取は、発症14日以内の中度から重度の胃腸炎を予防することはできないようだ、と研究チームは結論付けた。

出典は『ニューイングランド医学雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  個人的な信念や道徳は遺伝する!?  
  教室で朝食を提供するのが、いつも良いとは限らない?  
  小さな赤ちゃん、大きなデータ  
  搾乳した母乳の細菌叢には変化がみられる  
  魚油は若者の喘息管理を改善しないようだ  
  n-3系脂肪酸、流産・死産を予防か  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報