リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  オメガ3脂肪酸が早産のリスクを減少させる
2018.11.21 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

妊娠中のオメガ-3系長鎖不飽和脂肪酸(LCPUFA)の摂取の増加は、早産リスクの低下と関係があるようだ、という南部豪州保健医療研究所(SAHMRI)からの研究報告。

早産は、世界中で5歳未満の小児の主要な死因であり、そのために毎年100万人近い子供が亡くなっている。早産はまた、視覚障害、発達遅延、学習困難など広範な長期症状のリスクを高める。

「我々は早産が世界的に重要な健康問題であり、毎年1500万人に達する」と主任研究者のフィリッパ・ミドルトン准教授は語っている。「大部分の妊娠期間は38-42週間だが、早産児は37週よりも前に生まれる。早過ぎる誕生は死亡や貧しい健康のリスクを高めるのである。」

研究チームは、早産リスクにおける長鎖オメガ-3系脂肪酸、特に魚に豊富に含まれるDHAとEPA、の働きに注目して系統的レビューを実施した。70件のランダム化臨床試験を解析した結果、妊婦が毎日長鎖オメガ-3系脂肪酸を摂取することが、以下のことと関連することを発見した。

●早産(37週未満)のリスクが11%低下
●超早産児(34週未満)のリスクが42%低下
●低出生体重児(2,500g未満)のリスクが10%低下

「早産を防止する方法は多くないので、この新しい知見は妊婦、子供、医療者にとって極めて重要である」とミドルトン准教授は言う。「我々は早産の原因を完全に理解していないので、その予測と防止は常に挑戦である。それが世界中の研究者にとって、妊婦へのオメガ-3系脂肪酸のサプリメントが大きな興味を持つ理由のひとつである。」

出典は『コクラン・ライブラリー』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  母親のストレスは子どもの過体重に影響するかも  
  生命時計の新しい歯車:ビタミンD  
  2015年の壊滅的なネパール地震後、小児栄養不良の危機は回避された  
  母乳中の糖と微生物が新生児ロタウイルス感染に影響する  
  親の摂食様式は子供の遺伝子を反映する  
  子どものミルクシリアル飲料摂取と過体重リスク  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報