リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  20代の肥満は寿命を縮めるかも!?
2018.11.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

20歳で肥満の豪州人は、寿命が平均10年短いようだ、という豪州グローバルヘルスのためのジョージ研究所からの研究報告。

推計によると、豪州人は過体重または肥満であることで、3,630年分の寿命を失っている。また男性性は女性よりも平均27%多めに失っているという。

研究チームによれば、健康な20代の男性と女性は、各々57年と60年の平均余命をもっているが、既に肥満である場合は、女性は6年、男性は8年を失う。重度の肥満なら女性は8年、男性は10年を失うという。

全ての年代で肥満は寿命を縮めた。40代の肥満女性で4.1年、肥満男性で5.1年、60代でも肥満女性は2.3年、肥満男性は2.7年、各々寿命が短くなった。

「我々のモデルでは、2025年までに成人の肥満率は35%に達する。早急に全ての年齢層、特に若年成人を対象とした肥満予防戦略が必要である」と筆頭研究者のトーマス・ラングはコメントしている。

出典は『国際肥満学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  職場のウェルネスプログラムが従業員の健康面と経済面に及ぼす影響は少ない?  
  40歳未満の糖尿病患者に高い心疾患リスク  
  適度の飲酒にも脳卒中の予防効果はない  
  ボディビル・サプリと肝臓障害  
  ワンツーパンチが心不全の大きな課題を解決する!?  
  長期的な加糖飲料の摂取は循環器疾患の死亡リスクを上げるかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報