リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  20代の肥満は寿命を縮めるかも!?
2018.11.7 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

20歳で肥満の豪州人は、寿命が平均10年短いようだ、という豪州グローバルヘルスのためのジョージ研究所からの研究報告。

推計によると、豪州人は過体重または肥満であることで、3,630年分の寿命を失っている。また男性性は女性よりも平均27%多めに失っているという。

研究チームによれば、健康な20代の男性と女性は、各々57年と60年の平均余命をもっているが、既に肥満である場合は、女性は6年、男性は8年を失う。重度の肥満なら女性は8年、男性は10年を失うという。

全ての年代で肥満は寿命を縮めた。40代の肥満女性で4.1年、肥満男性で5.1年、60代でも肥満女性は2.3年、肥満男性は2.7年、各々寿命が短くなった。

「我々のモデルでは、2025年までに成人の肥満率は35%に達する。早急に全ての年齢層、特に若年成人を対象とした肥満予防戦略が必要である」と筆頭研究者のトーマス・ラングはコメントしている。

出典は『国際肥満学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  代謝を遅くし、心血管疾患を加速する腸の特殊な細胞  
  「不健康な」ショッピングセンターは高血圧の客が多い?  
  シフト勤務は不健康な生活習慣の糖尿病リスクをさらに高める!?  
  免疫系はどのようにがんから腸を守っているか  
  減量のペースは「速め」「ゆっくり」どちらが良い?  
  心臓の健康に関しては、すべての飽和脂肪が等しいわけではない?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報