リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  筋力トレーニングは心血管の健康状態を改善する
2018.10.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

筋力トレーニングは、心血管系を身体全体の一部としてとらえる包括的な視点から特にその有用性が明らかになるだろう、というスペイン・ナバーラ州立大学からの研究報告。

「身体活動が体内の種々のシステムや臓器に影響を及ぼす代謝経路の理解が深まるについて、心血管系疾患に対する新たな治療戦略が見えてくる可能性がある」とスペイン・ナバーラ州立大学のミケル・イズケルドレジン教授は語っている。「筋量と筋力の低下は心血管疾患の忘れられたリスク因子のひとつであるが、高齢者でも筋量トレーニングによって取り戻すことは可能である。」

米国、スペイン、ポルトガル、スウェーデンからなる国際研究チームは、身体活動が、心血管系疾患の治療法のひとつであると強調する。また薬物とは異なり、身体活動にはほとんど副作用がなく、ある程度までは用量依存的に効果がある。つまり運動量を増やすだけ効果も増すのだ。」

「疾患を治癒し加齢による筋量低下を抑え、心血管系の健康を改善するうえで、レジスタンス運動と筋力トレーニングの巨大な可能性は、臨床治療の主流においてほとんど認識されていない」と研究者らは嘆いている。

そこで、ヒトの身体を全体的に捉える文脈の中で心血管系疾患を包括的に観ることの重要性を研究チームは強調する。心臓、血管、毛細血管などの心血管系は他の臓器から切り離して考えるべきではないという。心臓や血管と、骨格筋や脂肪組織、腸との相互作用を疫学的、生理学的、分子生物学的レベルで考えるべきである。

この包括的な視点は、患者に運動を処方したことのない医師にも大きな助けとなるだろう、と研究チームは結論づけた。

出典は『ネイチャーレビュー心臓学』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  米国人のための新しい身体活動ガイドライン  
  筋力トレーニングは慢性疾患のリスクを下げるかも  
  心臓の健康を維持するのに必要な身体活動  
  立ち机は毎日の座席時間を削減し、仕事のパフォーマンスを向上させるようです  
  軽度の身体活動でもすぐに記憶機能が改善される?  
  1日35分の歩行で脳卒中の重症度が下がる!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報