リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  体重、血圧、コレステロール、血糖値の大きな変動が心臓発作や脳卒中のリスクを高める?
2018.10.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

体重、血圧、コレステロール、血糖値の大きな変動は心筋梗塞と脳卒中のリスク因子であるようだ、という研究報告。変動幅のネガティブな影響を調べた初めての研究。韓国カトリック大学からの報告。

研究チームは、韓国国民健康保険の6,748,773名のデータを解析した。全員が2005-2012の間に3回の健康診断を受け、体重、血糖値、血圧等を測定されていた。

平均5.5年の追跡調査の結果、測定値の変動幅が上位4分の1に含まれる者は、下位4分の1の者に比べて、127%死亡リスクが高く、43%心筋梗塞の発症リスクが高く、41%脳卒中の発症リスクが高かった。

「医療従事者は、患者の血圧、コレステロール、血糖値ならびに体重の測定値の変動に注意を払うべきであり、これらの測定値を安定させることが、健康を改善するための重要なステップとなる可能性がある」と研究者はコメントしている。

出典は『循環器』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  オメガ-3系脂肪酸EPAとアスピリンが前がん性腸ポリープを減少させる  
  仕事ストレスはがんリスクを増加させる?  
  小規模な臨床試験が、かならずしも有効ではない治療を促進する可能性  
  やっぱりBMIは健康指標に適していた!  
  広く使われる酵素がセリアック病を引き起こす可能性  
  高血圧:米国のガイドラインが勧告した早期治療に生存のメリットなし  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報