リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  朝食時に牛乳を消費すると、1日を通して血糖値が下がる!?
2018.10.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

朝食のシリアルに牛乳をかけて摂取すると、水をかけた時に比べて、食後血糖値の上昇が抑えられ、さらに高たんぱく質の牛乳であれば、低たんぱく質の牛乳に比べて、昼食までの腹持ちもよくなるようだ、というカナダ・ゲルフ大学とトロント大学からの研究報告。

研究チームは、平均年齢23.3歳で平均BMIが22.2の健康な若年成人32名を対象に、ランダム化プラセボ対照二重盲検臨床試験を実施した。対象者は、高たんぱく牛乳、低たんぱく牛乳、またはホエイ浸出液(対照)をオーツ麦ベースのシリアルと共に摂取して、血糖値と食欲の変化等を調べられた。

その結果、牛乳を摂取することで昼食後でさえ血糖値の上昇が抑えられ、高たんぱく牛乳の場合はさらに効果が高くなることがわかった。

「本研究は、朝食時のミルクの重要性を確認するものだ。それは炭水化物の消化を遅くし血糖値を低く抑えるのである」と主任研究者のダグラス・ゴフ博士は説明している。

出典は『酪農科学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  がん生存者は自分の食事の質を過大評価  
  尿検査があなたの食事の質を明らかにする  
  コーヒー中の苦味物質に関する最新の調査結果  
  ベジタリアンは肉を食べる人よりもスリムで内向的?  
  Camelina sativa油と魚油は脂質代謝に異なる影響  
  早期エピゲノム加齢が西洋型の食事で覚醒する  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報